業者に依頼するSearch Engine Optimization

「自分でやるSEO対策とどう違うの?」というあなた。
費用対効果を考え、良質な業者の選び方をご提案いたします。

ようこそ当サイトはSEOについての情報サイトです。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、それぞれの頭文字をとってSEOと呼ばれています。日本語での意味は「検索エンジン最適化」となり、もう少しわかりやすく言うと「検索エンジン上位表示」という意味になります。

つまりどういうことかと言うと、YahooやGoogleなどのサーチエンジンの検索結果で、自社サイトや商品ページをいかに上位に表示させるかという技術のことを言います。

現在たくさんの検索エンジンが存在しますが、当然表示順の上位に表示される方が、検索エンジン利用者の目につきやすく、サイト訪問者も増えます。これはビジネスを行う上では非常に有利と言えます。

そのため企業などでは検索順位を上げるために様々な工夫を行うのですが、この様々な技術や手法を総称してSEOと言うのです。

具体的なSEOの手法には、ターゲットにするキーワードの適切な選択や、ページ内でのキーワードの適切な使用、より多くのサイトにリンクしてもらうなどの手段があるが、サーチエンジンのランク付けアルゴリズムは、年々高度化が進むうえ、頻繁に変更されるので、その度に激しく順位が変動するのが難点です。

このためSEOには王道は無く、地道にコンテンツを充実させて認知を広げていく以外に着実な手段は存在しないと言われています。

対策内容について考えたいseo

もしseoが思う様に進んでいないという事があれば、対策内容について考えるいいチャンスと考えてみてはどうでしょう。かなりのseoをしているのにランク外となってしまっている場合には、特によく考えた方がいいかと思われます。

ペナルティにかかってしまっている場合には、解除されるためのseoが別途必要になってくるという事も考えられます。具体的なseoの対策方法について講じるのであれば、ホームページがどの様な状態にあるのかという事を把握しているといいかと思われます。一種類のseo対策だけではなく、いくらかの方法を同時に行っている場合が多い様です。結果をみながら試行錯誤するのもいいでしょう。

制作と併せて行うseo対策

すでに完成しているホームページにseo対策だけを行ってほしいという依頼を持ち掛ける人もいるみたいですが、中には何もない状態からホームページ制作とseo対策を同時に行ってほしいという要望を持ち掛ける人もいる様です。

もしくはホームページを完全にリニューアルするので、seo対策を引き続き行いたいという人もいる様です。ホームページ制作とSEO対策を分けて考えるのではなくて、一緒に平行して行う事によって、作業量も減り効率的になるという事が考えられます。seo対策だけを依頼した際に最初に必要になると思われるチューニングを行う内部対策がかなり軽妙なもので済ませられるという事も考えられます。

seoはユーザー満足度最大化が目標

seoはRankBrainが中心となる検索エンジン最適化のためのアルゴリズムですが、その目的はユーザー満足度の最大化です。これは最初からグーグルが理念として掲げているもので、それは今も昔も変わりません。seoの手法自体は変わっていっているのですが、それは単にグーグルの人工知能の未熟さゆえのものでした。

アルゴリズムに隙があったためにブラックハットが横行しており、そうするとコンテンツの質のみを高めている人が損をすることになります。コンテンツの質は関係ないなどと言われていたこともあったくらいです。現在はコンテンツの評価機能が高いです。

seoの強化とECサイト構築を実施

インターネットビジネスをおこなうにあたって、ホームページ上でお買い物ができるサイトを作成することができます。具体的な方法としてはECサイト構築を行い、seoを強化することです。ビジネスをおこなっていると、取り扱うホームページの内容ばかりに目がいってしまう可能性があります。

しかしながらホームページの内容が良かったとしても、お客さんが集まらないようであれば、商売にならない事は言うまでもありません。ホームページ上の集客にあたる要素はSEOになりますので、ホームページと同様にseoを強化する必要があります。

seoランクブレインの優れている所

seo対策のアルゴリズムとして作成されたランクブレインですが、どこが優れているのかというと、曖昧な単語からでも、正しいサイトを引っ張ってきてくれるというところです。

今までは単語が完全に一致しているものしか拾ってこなかったのですが、例えば「iphone」を検索したい時には「iphone」と打たなければならなかったのですが、現在ではその名前を忘れて、「スマホ apple」と入れると、それに関する情報が出てきます。当然「iphone]の情報も拾ってきてくれます。物事の名前を正式に入れて調べなければならないのはかなり厳しいので、優れた機能です。

ホームページ制作にあたりできるseo対策

ウェブサイトの利用者にとって、検索サイトの結果がサイト閲覧で最も頼りになるとすれば、ホームページ制作者にとっては自分が制作するサイトが検索結果の上位にあがることが、最も重要だといえます。

そのためには、seo対策をどのように採るのかが問題になります。検索サイト大手のグーグルは、これまでに何度もシステムの更新をしています。これによって、コンテンツの内容が問われるようになりました。コンテンツを増やすためだけにデータをコピーしたサイト、内容が薄くて有益でないサイトは、検索結果の上位にはあがることができません。

おすすめのサイト

効率的なSEO。コンバージョンレートで選ばれるSEO。

ページトップ