業者に依頼するSearch Engine Optimization

「自分でやるSEO対策とどう違うの?」というあなた。
費用対効果を考え、良質な業者の選び方をご提案いたします。

HOME いろんな業種が利用するSeo

いろんな業種が利用するSeo

今となってはオンラインショッピングで扱う商材の幅が広まっています。ですので、Seoを行う事によって、それがいきなり売上に直結するという事もあるかもしれませんね。また、いろんな業種の会社がSeoを行う事によって、少しでも会社の利益をアップしたいと考えています。

Seoに取り組む会社が増えると、競争はより一層激しくなるという事が予想されます。プロなど専門知識や技術を持つ企業がSeo対策をする事も増え、そうなると初心者がますます難しく感じられる様になる事もあるかもしれませんね。しかし、Seoはこれからどうなるのかという事については、いろんな意見がある様で、読めない事もあるかもしれません。

RankBrainに対するseo対策の方法は

RankBrainは15パーセントの未知のクエリを処理してきた、3番目に重要なアルゴリズム、機械学習で動いているなどの特徴をもつ、グーグルのアルゴリズムの一つランクブレインに対しseo対策は、とてもシンプルで、何もしないです。RankBrainの為に、特別な対策は必要がなく、今まで通り普通にサイト運営をしていれば、問題ありません。

ユーザーの為に、自然な言葉で書く事、機械っぽく書いていると、ランクブレインは混乱をして反応してしまいます。今まで通り普通にサイト運営をすることが、一番のseo対策となります。

新しいseo対策RankBrain

日々進化を続けているのが、seo対策となっています。近年新しく「RankBrain」と呼ばれるアルゴリズムが加わりました。こちらは人工知能(AI)と呼ばれるシステム、もしくは機械学習と呼ばれるシステムです。

最初のころはこうしたシステムが出てきたよということしか、広がっていなかったのですが、最近ではようやく詳細が明らかになってきました。「RankBrain」は「ハミングバード」と呼ばれる検索アルゴリズムの中に含まれており、検索した人が入れた単語の意味を把握するというものです。またこちらのシステムはインターネット上にあふれる多大な情報を処理することができます。

seoとRankBrainの対応方法

最近発見された検索アルゴリズムの一つRankBrainですが、どういった点でサイトや、ホームページを作成している人へ影響を与えるのでしょうか?seoの一つになりますので、アクセス数に大きな影響を与える事はありません。

実はこちらのシステムは公式から「検索ランキング決定にあたり、3番目に大切である」と言われています。なぜかというと、こちらのシステムは一つの単語に対してその単語の意味を理解して、検索結果を引っ張ってくるというものになっています。そのため、単語の意味が薄いものや、他との関連性を探しだせないような単語オンリーをサイトに含んでいても、検索に引っかかりにくくなっています。

seo対策に関する記事

ページトップ